母へ、感謝の気持ちを込めて

 
 
お母さんへ
 
 
久しぶり。元気にしてるかな?こっちは元気に過ごしてるよ。娘もすくすく成長して、最近はよーく喋るようになったw
 
まだはっきりした言葉じゃないけど、パパママが言えるし、なぜかアンパンマンのアーンパンチ!って言うようになったよ。アニメ見せてないのにw
 
いつの間に覚えたんだろねー
 
 
あとそんなに会ってないのに久々に会ったお父さんのこと覚えてて、じーじ!じーじ!って言って嬉しそうにしてたわ。
 
何だかんだ成長して記憶力も良くなってるんだろね。もしくは前回会ったとき思いっきり一緒に遊んだから楽しくて覚えてたのかも。
 
 
お父さんも孫に会えて嬉しそう。それに普段から元気にやってるみたい。
 
あと兄ちゃんは彼女と、今日結納するってさ。結婚式はグアムでするから楽しみだよ。
 
あと奥さんとも仲良く過ごしてから心配しないでくれ。
 
 
いつもありがとう。またね。
 
 
 

 
 
 

母が亡くなってから1年が経ちました。

 
 
命日に妻と娘と父の4人でお墓参りに行って、母に近況報告と感謝の気持ちを伝えてきました。
 
 
 
自分のことを産んでくれたこと。育ててくれたこと。
 
本当に母には感謝してます。
 
 
 
うちの母は相手の気持ちになって考えることに関してはもの凄く長けてました。 友達が多くてよくみんなから相談を受けてたり、いつの間にか家に何十人と母の友達がいたりした時もありましたね。
 
小さい頃から自分のことを応援してくれたり、褒めてくれたり、認めてくれたり。
 
 
子供の頃の環境で、セルフイメージって作られるから自分に自信を持たせてくれてホント有難いです。
 
 
母の死に際は壮絶だったけど、
 
「ありがとう」「家族に囲まれて私は幸せもの」
 
と、幸せだったことを話してくれました。
 
 
自分も母と父と兄に囲まれて育って幸せな時間を過ごせて、そして今新しい家族が出来てまた幸せな時間を過ごせてます。
 
もちろん全く嫌なことがないって言ったら嘘になるけど、やっぱり家族っていいなぁって思います。
 
 
たぶん、これも子供の頃の親の影響で家族っていいなぁって思うようになったんで。母とそして父にも感謝してます。
 
自分の子供も幸せを感じられるような家庭を育てていきたいと思います。
 
 
 

母の死で感じたこと

 
 
 
母は58才で癌で亡くなりました。
 
そこで感じたのが、ホント人生は何が起こるか分からないということ。
 
 
僕は今、30才なのでもし母と同じ年齢で亡くなった場合、今まで生きてきた30年間も生きられません。
 
この先28年で亡くなるとしたら、日数にしたら残り10,220日しか生きられない。(28年×365日)
 
 
約10,000日です。
 
 
 

その中でどれだけの時間を家族と過ごせるか?

 
 
今は前よりも一緒にいる時間が増えましたが、残業が多かった営業時代だったら平日は家族が寝てる時間にしか帰れないので、土日の休日だけしか家族と過ごせません。
 
そうなったら1ヶ月に8日間しか一緒にいられない。
 
 
1年間であれば一緒の時間は96日。
 
 
そして残りの人生28年間で亡くなるなら、家族と一緒にいられる日数は残り2,688日。
 
2,688日を365日で割ったら約7年。
 
 
たったの7年しか家族と一緒に過ごせないんです。。
 
7年といえば子供の頃に例えると小学校の6年間+中学1年の間の時間ということになります。
 
 
めちゃめちゃ少ないですよね…
 
 
 
営業時代を思い返すと恐ろしいです。
 
今平日で計算しましたけど、実際は土日もどっちか仕事に行って資料作成をしたりしてました。
 
 
だから1ヵ月の間にちゃんと家族の時間が取れてるのってたぶん4日とか5日。これで計算したらもっと家族と一緒の時間は少ないんですね。
 
でもこの時って、ずっとこの生活をしてるから感覚もマヒしてこの生活が当たり前になってました。
 
 
この先、営業を続けてたらお客さんの対応があるからまとまって何十日も休むことは出来なかったと思います。
 
そうなったら家族で海外旅行を楽しむなんて、たぶん片手で数えられるくらいしか行けない。
 
 
営業時代だけでなく、介護事務をして働いてた時も宿直があったり泊まり込みで仕事をしないといけない日があったり、まとまって休みを取ることなんてできませんでした。
 
 
 
 
幸いにも僕はアフィリエイトと出会い、独立して時間の確保ができるようになってきました。
 
母が亡くなる直前も独立していたので10日間以上、24時間体制で病室で看ることになって父と12時間交代で母のそばにいられました。
 
 
たぶん会社員だったら休みも取れないので、ここまで長く一緒にいられなかったと思います。
 
 
大切な人が大変なときに一緒にいられたのも今の生活のおかげです。
 
 
 
死を間近に見て、この先の人生がいつどうなるか分からない。
 
普段生活していると、残りの人生を考えることってないですけど、ふと考えてみるとホント少ないんだなぁって感じます。
 
 
 
 
もっと家族と一緒に過ごして笑いたい
もっと家族と旅行に行って楽しみたい
もっと充実した人生を過ごしたい
もっと幸せな人生を送りたい
そして最後に家族に囲まれて幸せだったと伝えて笑顔で死にたい
 
 
 
 
そんな風に今思ってて、同じように考えてる人にもそんな生活が実現できるように道しるべを作れたらいいなぁと思ってます。
 
まだまだ僕は成長途中なので更に成長していけるように、そして残り少ない人生を後悔ないように生きていきます。
 
 
今も尚、色々な気づきを与えてくれる母に改めて感謝です。ホントありがとう^^