自分の人生を変える為には何が必要なのか

 
一度きりの人生、自分の人生を変えるには何が必要なのか。
 
 

そこに必要なのは「意地でも変えたいという想い」です。

 
人から何を言われようが関係ない。
 
 
 
 
夢ややりたいことを話して、
 
「お前には無理だよ。」
「そんなの才能がある人じゃないとなれるワケないじゃん。」
「いい加減目を覚まして」
 
 
 
 
周りから何言われようが、誰にも理解されなくたって

 

「うるせー!!黙って見とけ!」と。

 
 
 
家族から全く理解されなくても、あなたの気持ちはいずれ届きます。
 
だって家族の為に、自分を変えようとしてるんですから。
 
 
 
自分が強い想いを持って信じた道を突き進めば、必ず想いが届きます。
 
自分が成長することで、家族にも周りの人にも笑顔を届けられます。
 
 
 
悔しいじゃないですか。本気でやりたいと思ったことを否定されて。
 
 

でも、そこに強い想いがあれば必ず届く。

 
 
 
人生の中で何度も分かれ道があって、迷いながらも自分が選んだ道。
 
この選択に家族から反対されて、時には本気で「やめて」と言われても、それは家族の為そして自分の為になる道。
 
 
その想いは伝わります。
 
 
 
 
僕の母は58歳でガンで亡くなりました。
 
家族を想い、自分の人生を生きて、最後は「幸せだった」と言ってこの世を去りました。
 
 
 
最後の最後まで周りの人のことを考える素晴らしいひとでした。
 
母にも色んな人生の分かれ道があったと思います。でも自分が選んだ道を進んできて、幸せな気持ちで亡くなりました。
 
 
 
人生はいつ何が起こるか分からない。
 
 
 
でもいつ死んでも、
 
 
 

幸せだったと。

 

最高の人生だったと。

 
 
 
そう思えたら最高じゃないですか。
 
 
 
自分の人生を変えるには、絶対に変えてやるという想い。
 
 
それがあれば変われます。
 
 
 
何か特別な才能があるわけでもない僕はその気持ちと、決断で変われました。家族にも伝わりました。
 
 
 
あなたも「想い」があれば、あなたの人生は変わります。