子供が小さいときから英語を学ばせた方がいい3つの理由

 

子供は小さいときから英語を学ばせた方がいい!と強く感じます。

理由は3つ。子供に英語教えようかなぁって考えてる方は参考にしてみて下さい。

 

人にってから英語を覚えるのは大変

 

大人になってから英語を覚えるのって大変で、ふつうに過ごしてたらなかなか覚えられないですよね。


日本に住んでたら、日本語さえ話せればコミュニケーションが普通にとれますし。

大人になって英語を勉強しても、使う必要がそこまでないから会話できるレベルの英語は覚えられない…

他にも日々の生活で忙しくて、英語を勉強する時間すらとれなかったり。


大人になってから英語を話せるようになるには、かなりハードルが高い気がします( ;∀;)

でも子供は別で、2歳ぐらいから言語の吸収力がスゴくて、今まで「あー、うー」しか言えなかった子供が、

いつの間にか「パパ、ママー」と親の名前を読んだり、「わんわんだー」と動物の名前を読んだり、「ひこうきー」と乗り物の名前を読んだりetc…

 

スゴイですよね。


日本語って外国の方からすると、ものすごく難しいって言われてるけど、それが小さな子供だと難しいって感じずに吸収できます。

ちなみに私のいとこはスウェーデン人と結婚しまして、娘ちゃんの前では英語&スウェーデン語&日本語3つを使って家の中で会話をしていったところ、


3歳にして3つのコトバをペラペラ話せるようになりました・・・。

いとこも英語とスウェーデン語を話せるので、夫婦そろって3つのコトバで会話してるんですよね。私もいとこ家族とたまに遊ぶのですが、スウェーデン語なんか全然分かりませーん。

でも娘ちゃんは理解してて、スウェーデン語でママに返事してました。ヤバい。。

 

ちなみに雑誌プレジデントファミリーのムック【2015年2月23日号】で、玉川大学の大学院教授が英語はいつから始めたらよいか?

という質問に対して、「その子がやってみたいと思ったときが、始めどきです」と答えてました。

 

個人的にはこれには反対で、これだとやってみたいと思ったときが来なければ、英語を学ばずに成長してしまう気が。

もし本気でグローバルに対応できるような子に育てたいのであれば、自然と話せるようになる幼児期から始めた方が良いと感じます。

 

2歳であれば大分、コトバを覚え始めるころです。今まで言えなかったコトバが出てくるようになる時期なので、

この時から英語を学ばせていると、自然と英語のコトバも覚えられるようになります。

 

 

②日本でも英語をしゃべれないとコミュニケーションがとれなくなる

あと、そもそも英語が必要かどうかってところですが、今後の日本の事を考えると、英語が必要になる可能性が非常に高いです。

日本は人口が年々減ってて内閣府が出してる人口推計データを見ると

 

  • 2015年 1億2659万人
  • 2030年 1億1661万人
  • 2040年 1億727万人
  • 2050年 9707万人
  • 2060年 8673万人

 


こんな感じで日本の人口はどんどん減っていく予定です。

 

人口が減るとどうなるかというと、税金が国に入らなくなってきます。

人が少なくなれば、その分国に入る消費税収入は減るし、所得税収入も減るし税収が少なくなってきちゃうんです。


税収がなければ、例えば今後高齢者がどんどん増えてきても介護の費用負担を国が出来なくなるとか。

医療費の負担が3割で済んでるのが、国が負担できなくなってくと、僕らの医療費負担が5割、6割になるとか。


そういったことになる可能性があります。

 

日本で生活すること自体が厳しくなってしまうってことです( ;∀;)

 

そうなったら国はどんな動きをするかというと、日本の人口を増やすために海外から移民を受け入れるようになります。


もう日本人だけじゃ国が保てなくなるから、海外から人を増やさないといけなくなるんです。

海外から人を増やして税収を増やしていきます。

 

で、海外から日本に人が入ってきたら、もう日本語だけじゃコミュニケーションは取れなくなりますからね。

もし優秀な外人が会社の上司になったとして、全然英語が話せなかったら仕事もうまく回らないかもしれませんし、最悪仕事がなくなる可能性もあります。

海外にはたくさん優秀な人材はいますので、、

 

  1. 日本人よりも給料が低くて、優秀な日本語も英語も話せる外国人
  2. 高給取りで、英語が話せない日本人


経営者であればどちらを選ぶか。


最低限のコミュニケーションが出来るようになること、そして日本で仕事をしていくためにも英語は必須になります。

 


③海外でビジネスを成功しやすくなる


それに、日本に優秀な外国人がたくさん来たら日本でビジネスをすること自体が厳しくなるかもしれません。


そうなると目を向けた方がいいのが海外ですが、もちろん英語が話せないとビジネスをするのは難しいです。

先日、フィリピンに行ってきましたが、飲食店の店員さんもタクシーの運転手もみんな英語が話せます。

聞くと小学校に上がる前から日常会話で英語を話してるようなので、みんな当然のように話せるみたいです。

 

フィリピンって今、すごい経済成長しててマニラ大会っていう小売業者の講演会があったのですが、そこではどの企業もアジアに目を向けてること。

そして日本は人口が減って海外から訪日する人がどんどん増えてくるって言ってました。

2015y11m03d_003642788

 

(この講演会ではファミリーマートの社長とかイオンの会長なんかも参加してます!)

 


また、フィリピンって日本とは全く反対の人口統計で、今も今後も人口が増え続けてます。

人口が増えればそれだけ消費も増えるってことですから、ビジネスチャンスなワケです。

 

うちの子供は海外に行かせる気はないーって思ったとしても、本人は大人になったらグローバルに仕事をしたいって思うかもしれませんし。

これからの日本の未来を考えたら、子供の為にも英語を学ばせてあげるのは大切だなぁと思います。

 

 


以上、子供が小さいときから、英語を学ばせた方がいい3つの理由でした。